肌荒れニキビを【悪化】させる身近な食べ物

化粧品などによる外からのニキビケアも大切ですが、食べ物に気を付けてあげる内側のケアも非常に重要です。 
食べ物の栄養や毒素はダイレクトに肌に影響しますので、肌荒れニキビ肌を作ってしまう注意すべき食べ物をまとめてみました。
 
いつも何気なく食べているアノ食べ物が、実はずっと悩まされていた肌荒れ・ニキビの原因だったとしたら、、、。
(画像30挿入)
知らなかったとはいえショックですよね。 でも、その食べ物を出来るだけ避けるようにすれば、自然と肌荒れがおさまり、ニキビもできにくくなります。

<肌荒れニキビを招く食べ物>
【揚げもの】(画像26挿入)
フライドポテト、トンカツ、エビフライ、天ぷらなど、ガッツリ食べたい時についついオーダーしてしまいますよね?
しかし!これが肌荒れニキビを悪化させる非常に大きな原因になっています。
揚げものに多く含まれる動物性脂肪は、血液の中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を活性化させます。
すると、肌の毛穴が過剰な皮脂で詰まりやすくなり、その結果、肌荒れや吹き出物、ニキビを作ってしまいます。
もしボリュームのあるおかずが欲しいなら、 トンカツ→ポークステーキ、ヒレステーキ エビフライ→焼き・グリルエビ 天ぷら→蒸し・焼き野菜 このように、揚げもの以外で食べごたえのあるメニューにチェンジするだけでも、肌荒れニキビは減りますよ。

【スイーツ】(画像27挿入)
コンビニのお菓子、ケーキやシュークリーム、アイスなどなど、疲れている時は甘いものの誘惑に負けてしまいますよね。
ところがこのような甘いものも、体内で分解されると余分なものは脂肪になります。
これが揚げものと同じように肌荒れニキビを生み出します。 甘いものがガマンできない時には、 コンビニのお菓子→ドライフルーツ ケーキなどの洋菓子→おからスイーツや、白砂糖の代わりにメープルシロップや黒糖を使っているスイーツ アイス→冷凍イチゴ、ブルーベリー、ラズベリーなど
お砂糖を極力減らし、代わりにフルーツを取り入れることがポイントです。
これが習慣になると自然と肌荒れが少なくなり、ビタミン類が足りて疲れにくくなりニキビもできなくなって良いことずくめ!

【お酒】(画像28挿入)
お酒のアルコールを分解する際には、肝臓がとても忙しく働きます。
すると、肝臓の本来の役目である解毒作用が十分に働かなくなり、肌に悪い成分がろ過されずそのままニキビになってしまいます。

特に、ビール、日本酒、チューハイ、ワインなどは、アルコールと一緒に糖分もかなり含まれていますので、スイーツと同じように肌荒れを引き起こします。
どうしてもお酒を飲みたいなら、 ブランデー、ウイスキー、焼酎であれば糖分を押さえられるので、少しマシになりますね。
休肝日を設けてあげることは、健康だけでなく後に肌荒れの無いキレイな肌にもつながるんですね。
肌荒れ ニキビ 食べ物
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニキビ
こめかみニキビを治すためにやってはいけない事

こめかみのニキビを治すためには、普段何気なくやっているあることを改善すればいいんです。 多くの人がや …

ニキビ
【騙されないで!】ニキビを治す洗顔料の正しい買い方

「ニキビを治すために買った今の洗顔料、あんまり効いてる気がしないな、、、」。 そんな人は、ニキビ用洗 …

ニキビ
【大人ニキビ】治したいならコレだけはやっちゃダメ!

「この大人ニキビ治したいけど、どうすればいいの?」 こんな人はまず、大人ニキビを治すためにやってはい …